全身脱毛するには2、3年かかる!何で長期間かかるの?

全身脱毛を始めるときに、どれくらい通えばツルツルになるのか気になりますよね。

例えば、2、3か月に1回のペースで脱毛手術を受けた場合、ツルツルになれるのは2、3年後くらいとされています。もちろん個人差はあるのですが、「何でそんなに長くかかるの?」「脱毛手術は、一気に終わらせたい」と思う人は多いのではないでしょうか。

【毛の周期に合わせて手術する】

体毛とは、「皮膚の表面に出ている毛幹」と「皮膚の中に埋まっている毛根」から成り立っています。体毛全体のうち1/3が毛幹で、残り2/3は毛根にあたります。体毛って同じように生えているように見えますよね。じつは「毛の周期」と呼ばれるサイクルに合わせて生えているため、生えかたはバラバラなのです。

毛の周期とは、体毛を作っている毛母細細や毛乳頭が活発に働いている「成長期」、働きが低下してくる「退行期」、脱毛する「休止期」になったあと、再び「成長期」が始まります。また、毛の生えている部位によって周期は異なっています。

  • 髪の毛/成長期間は2年から6年。休止期間は3か月から4か月。
  • ワキ/成長期間、休止期間ともに3か月から5か月。
  • 腕/成長期間、休止期間ともに3か月から4か月。
  • デリケートゾーン/成長期間1年から2年。休止期間1年から1年半。
  • ひざ下/成長期間、休止期間ともに4か月から5か月。

ポピュラーな手術方法といえば、脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛です。フラッシュは黒いもの(体毛)に反応して高熱を照射、毛根にダメージを与えます。すると、体毛がスルリと抜けるようになり、繰り返すうちに生えてこなくなるという仕組み。

けれど、休止期であれば体毛が生えていないので、フラッシュが反応しません。そのため、成長期になるまで数か月間待たなくてはなりません。これが、全身脱毛が長期間かかってしまう理由です。

【脱毛サロンの場合、何回通えば良いの?】

ほとんどの場合、「6回」や「12回」、「回数制限なし」などといった契約をすることになります。そこで回数による脱毛効果の違いを紹介します。毛の濃さや量によって異なるので、だいたいの目安として考えて下さい。

  • 6回/脱毛効果は実感できるものの、自己処理の必要はあります。
  • 12回/たまに生えてくるムダ毛を処理するくらいなのでラクになります。
  • 回数制限なし/ツルツルになりたい人向け。追加料金なしで何回でも通えます。

全身脱毛は2年以上かかるため、手術期間中に妊娠することも考えられますよね。そのため、「都度払い」や「期限なしの回数制」などで契約することをおすすめします。また、コース契約をするのなら、「途中解約した場合、違約金がかかるのか」をチェックしておきましょう。

全身脱毛サロンを選ぶ際は、その都道府県に合ったサロンを選ぶと間違いありません。例えば名古屋の脱毛サロンならコチラ参照:全身脱毛 名古屋