産毛が多くて濃い肌にも大変優しかったエピレでの初顔脱毛

普段脇やVラインはセルフ脱毛器で自己処理をしてますが、顔の鼻下や頬の毛穴から生える短い産毛はどうしても1本1本取りづらく苦労してました。

しかも30歳を過ぎてからは綺麗にファンデーションが載らず、塗りムラが多くなってきたので、美肌効果も期待して初めてエピレに顔脱毛に通って約1年半になります。

顔に脱毛器を照射するのは少なからず抵抗があった私ですが、エピレのカウンセリングでは入念にスタッフが肌の水分量や潤い度を専用機械で計測してくれるので、乾燥肌や敏感肌でも適切な温度に調節して1回目の照射をしてくれます。

エピレの顔脱毛は2回プランの6000円コースがファーストプランで用意されてますが、実際の効果の目安はスタッフから太いムダ毛が目立たなくなる程度と聞かされました。

毛穴が消える位に産毛がない透明感ある肌を目指すなら、最低5、6回の脱毛が必要になると正直にアドバイスしてくれたので、それに従い今回は少し費用を追加で出して6回コースを選択しました。

気になる施術時の感想ですが、特におでこや鼻下の毛が濃く太い私は少々の熱さを覚悟してましたが、エピレの脱毛器は日本人の肌をモデルに設計された安心の国産でしたので、実際の照射温度はぬるま湯レベルでした。

フェイスラインや顎の照射の時は若干脱毛器の振動が肌に響くものの、スチーマーを当てられてる感覚に近い物があったので、仕事帰りの時に立ち寄った時は思わず寝てしまうほどの快適さです。

ちなみに1回の施術で合計5部位の脱毛を行うのですが、あっという間と思いきや他の箇所と比べて無色の産毛が顔には多いので、照射時間は30分程度は余裕で掛かります。

明確な脱毛効果を感じた期間は、2回目の脱毛が終わって1週間経った頃から太い毛は皆スルスルと抜けていき、自らピンセットで抜く手間もなくなってきました。

逆に完全に産毛を除くのに苦労したのは、鼻下の窪んでる部分や目のすぐ下のカーブラインで、さすがの優れたエピレの脱毛器でも処理に約1年は掛かります。

でも5回目の脱毛が完了した頃には顔色のくすみはスッキリと取れ、毛穴も引き締まってイチゴ鼻のような頬の黒いブツブツが目立たなくなったので、自宅でのスキンケアに掛ける時間が大幅に減り時間に余裕が持てるようになりました。

ただ少し意外だったのは、最近は勧誘活動が控えめと聞いてた脱毛サロンでも、エピレはオリジナルの保湿化粧品の販促をバンバンしてきた事でした。

どれも価格が高くて今回は購入を断念したいと正直に伝えたら、次からは一切強引な販売はしてこなくなったので、きちんと顧客の意思は優先してくれます。

少し推しの強い勧誘以外は、エピレは店内の雰囲気がアットホームだし衛生面にも大変気を遣ってるサロンだと感じたので、顔脱毛の効果が長続きしたら全身契約も考えたいと思ってます。