人気上昇中のハイジニーナ脱毛ってどんな感じ?

最近、ハイジニーナ脱毛に挑戦する女性が増えているようです。
ハイジニーナ脱毛は別名VIO脱毛とも呼ばれ、ビキニラインのVに、性器のサイドのI、お尻の穴周りのOを指し、アンダーヘアすべての脱毛のことをいいます。

モデルや海外セレブなど、ブームを牽引する人々にハイジニーナ脱毛をする人が増え、一般の女性にもジワジワと浸透してきました。

こうした中には、はみ出さないためのエチケットとして脱毛する人も多いのですが、自分自身が心地よく過ごすためや、自分らしさを大切にした自己表現のためなど、ライフスタイルの一環としてハイジニーナ脱毛に踏み切る人も多いのが特徴です。新しい女性の生き方を感じますね。

ハイジニーナ脱毛の一番のメリットは、自己処理が必要なくなることによって、わずらわしさやコンプレックスから開放されることでしょう。

また、生理の際の処理がラクになることもあげられます。そしてムレを防いで気になるニオイを軽減できることも人気の秘密です。アンダーヘアがなくなると雑菌の繁殖もおさえられるので、清潔に保つことができるのですね。

反対にデメリットな点は、温泉や銭湯、健康診断で好奇の目で見られる可能性や、パートナーにあらぬ疑いを抱かれることがあげられます。でも、行きずりの他人の目など気にする必要はないですし、パートナーへも説明して理解を得るようにすれば大丈夫でしょう。

自分がよかれと思ってハイジニーナ脱毛を選んだのなら、信頼関係さえあればきちんと話せばわかってもらえるはずです。ハイジニーナ脱毛を始める際にすでにパートナーがいる場合には、先に相談しておいたほうが無難でしょう。

ハイジニーナ脱毛の注意点としては、アンダーヘアをレーザーやフラッシュで脱毛した場合、毛穴周辺にダメージを受けやすくなり、炎症やかゆみが生じることがあります。これらの脱毛方法は、体毛の黒さに反応した光が毛穴の奥まで熱を伝えて毛根にダメージを与える方法なので、太くて濃い毛質のアンダーヘアは、脱毛効果が高くなる分、毛穴への負担も大きくなるのです。

施術後にすぐに冷やしたりトリートメントしたりすることで、こうしたトラブルはある程度防ぐことができますが、VIO周辺の肌はデリケートなので、体質やコンディションによっては、毛穴が炎症を起こしたニキビのような状態になってしまうこともあります。

特に敏感肌の人は、毛穴に針を差しんで電気刺激によって直接毛乳頭や毛母細胞を破壊するニードル脱毛という方法をとるか、トラブルが起こってもすぐに診察や治療を受けることができるクリニックでの脱毛をおすすめします。

ハイジニーナ脱毛は、施術後の満足度が高い脱毛ですが、一度脱毛してしまったらもとに戻すことはできません。始める前によく考えて、充分納得がいってからトライしてくださいね。